ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ターンを鋭く速くする二つのコツ!海外サッカーと日本の違い

海外のプロサッカー選手たちは、鋭くて速いターンをします。
こうしたターンは、たった二つのコツを覚えるだけで、小学生でも同じように出来るようになります。

ところが、日本の選手たちはこうしたコツが分からないため、膝、足首、股関節を酷使した動きの遅いターンになっています。

そこで今回は、ターンを鋭く速くするコツ、実戦での使い方、練習法について解説します。

スポンサーリンク

1.ターンを鋭く速くするコツ

(1)スピーディで鋭いターンの必要性

サッカーのターンは、ドリブル⇒方向転換⇒ドリブルの再開…という、スムーズなプレーの連続性が必要です。

その際、現代サッカーはコンパクトなため、相手ディフェンスが次から次へとプレスに来ます。
そうすると連続したプレーを正確にするのはもちろんですが、スピーディで鋭いターンが必要なのです。

ロッペンのターン

ところが日本では、ドリブルとターンを個別のテクニックとして考えがちです。
しかも突破のドリブルやフェイントの方を重視するため、ターンは比較的簡単なテクニックとされているようです。
ターンはドリブルの途中で一時的に使うもの…という、極めて低レベルの指導が原因なのでしょう。
そうすると子供たちは、ターンの重要性をあまり理解せずに成長してしまうのです。

そもそもターンは、その前後にある個別のテクニックをスムーズに繋げて初めてプレーが成り立ちます。
だからプレーの連続性を意識した、素早いターンの技術を身に付ける必要があるのです。

(2)ロッペンのターン

海外のトップ選手の中で、特に参考にしてほしい選手は元オランダ代表のロッペンです。
ロッペンのターンには、誰でも簡単に覚えられるコツが見られます。
そこで、次にこの点について解説します。

① ロッペンの特徴

ロッペンは、次の動画の0:24からのシーンにあるとおり、全速力からほぼ直角に方向転換しています。

日本人がこの動きを真似するとしたら、膝と足首を使って頑張ってやるだけでしょう。
でも、それは大きな間違いです。
なぜなら膝、足首、股関節を酷使するだけであって、かえって動きが遅くなるからです。

この場合、ロッペンは利き足でボールを持つので、体の開きがなく足の力にも頼っていません。
どちらかと言えば、リラックスした状態でプレーしています。
だから、スピーディで鋭いターンが出来るのです。

実は、次の連続写真を見ると二つのコツが隠れています。

それは「空中動作」と「体幹ひねり」です。

ロッペンの空中動作と体幹ひねりの連続写真

この動きを真上から見たのが、次のイメージ図です。
ロッペンは、大きく分けてAB、C、DEの3つの動作をしています。

ロッペンの方向転換を真上から見た説明画像

そこで次にそれぞれの動作を順に解説しましょう。

スポンサーリンク

② ターン直前のブレーキ動作

先ずA~Cまでの動きです。

ロッペンのターン直前のブレーキ動作

これはターンの直前でブレーキを掛けようとする動きです。
ブレーキをかけるとは言っても、日本の選手のように膝や足首を突っ張って止まるわけではありません。
その理由はAからBにかけての左腕の位置と背中の角度、C(空中動作)の両膝を曲げた姿勢に着目すると分かります。

Bの時点では、Aに比べて腕が高く上がっていて、背中の角度もやや真っ直ぐになっています。
これは腕を持ち上げる反動を使うことで背骨が伸びて、Cの空中動作に移ろうとしているのです。

またBからCにかけては、へそ辺りの位置がほぼ同じで、Cでは両膝を曲げています。
これは何を意味するのかと言うと、Cが空中動作になっているということです。
つまりA~Cにかけて、体を空中に浮かせながらブレーキをかけているわけですね。

③ ターンと体幹ひねり

次にC~Eまでの動きです。

ロッペンの方向転換と体幹ひねりの説明画像

ここではCの空中動作の後にD~Eでターンしています。
特に注意していただきたいのが、C~Dの動きです。

それまでA~Bにかけて前方にドリブルした状態から、Cの時点でブレーキを掛けていました。
そしてDで着地して、Eでドリブルを再開しています。

ここでのDの動きを一見すると、右膝と足首で地面を蹴っているように思えますが、実はそうではありません。
その理由はCからDにかけて左腕が下がっていること、DからEにかけて再び上がっていることと関係します。

簡単に説明すると、CからEにかけて、腕の反動を使って空中で体幹(上半身)をひねっているのです。
こうした空中動作の体幹ひねりは、一種の無重力状態を利用しているので、地面に着地している時のような摩擦抵抗は一切ありません。
そうすると、自分の体を素早く回転させることが出来るのです。

次の動画で、私の息子「とも」が体幹ひねりの体操(スローモーション)を実演しています。

こうした空中動作の体幹ひねりを利用すると、その場でクルッと反転出来るので回転半径が小さくなります。
またこの動きを覚えると、試合中の狭い場所で2~3人の相手に囲まれても簡単にその場を切り抜けることが出来ます。
こうした動作を伴うプレーが、いわゆる「鋭いターン」なのです。

たぶんほとんどの日本の指導者は、Dの動きが右膝と足首で地面を蹴っているようにしか見えないのでしょう。
また、空中動作で体幹ひねりを使うことすらも分かっていません。
そうすると足の力を使って、ひたすら頑張るように指導するわけです。

しかもブレーキを掛ける時と、ドリブルを再開する時の、二つの局面で膝と足首を酷使します。
こうしたプレーを長期間続けると故障の原因になりますし、そもそも地面を蹴るという動作が摩擦抵抗を受けるという動きの遅さに繋がるのです。

そこで、次に日本人の間違ったターンを考えてみましょう。

スポンサーリンク

(2)間違ったターン

日本人のターンは間違いが多く、しかも次のような問題点が見られます。
① 両足を使う
② 足の力に頼った動き
これではロッペンのような空中動作と、体幹ひねりを使った鋭くて速い方向転換は出来ません。

そこで、代表的な悪い例を考えてみましょう。

① 両足を使う

次の動画のように両足を使うと、一見して器用な選手になるように思えます。
でも、残念ながら5歳以下の幼児によく見られるドタバタした動きが身に付くだけです。
しかも空中動作は全く見られません。

実はロッペンの空中動作は、利き足でボールを持つからこそ可能なテクニックなのです。
その理由は、利き足でボールを持ってドリブル練習をすると軸が強くなるからです。

ちなみに空中動作の体幹ひねりは、フィギュアスケートのスピンやジャンプに似ています。
この動作は体に強い遠心力がかかるので、体幹と軸の強さで体を支える必要があります。

フィギュアスケートのスピン

ところが、幼少期から過度な両足練習を繰り返すと軸が鍛えられません。
なぜなら両足練習は、歩く動作を練習しているようなものだからです。
だから、両足練習を続けた子供たちは空中動作がほとんど出来ないのです。

また、両足練習を続けると体が開くのでスピーディな動きも出来ません。
もしも鋭く速いターンをするとしたら、膝と足首を使って頑張るしかないのです。

参考記事:体が開くとは?サッカー指導者が気付かない両足練習の弊害

② 足の力に頼った動き

日本人のターンのやり方は、足の力に頼った動きが多いです。
足の力に頼るということは、上半身をほとんど使っていないということですね。

そうすると上半身が重たい荷物のようになって、体重移動で頑張ってターンをすることになります。
特に次の動画の0:14~0:50までのインサイドとアウトサイドの方向転換を見ると、動きが重たく感じますね。

こうした動きの悪さの原因は、やはりロッペンのような空中動作が身に付いていないことと関係します。
またターンの回転半径が大きくなっていますが、これは体幹ひねりが使えていないということですね。

足の力に頼ったアウトとインの方向転換の連続写真

③ 間違いと問題点のまとめ

両足を使ったり足の力に頼ったターンは、自分ではスムーズに出来たように感じるかも知れません。
その場合、日本人どうしの試合であれば通用するでしょうが、海外を目指すのであればあまり役に立ちません。
その理由は両足を使うにしても足の力に頼るとしても、そうした発想自体がかえって動きを遅くしているからです。
つまり日本の常識は、海外の非常識なのです。

先ずは利き足を使ったターンを覚えること、足の力に頼らないスピーディーな動きを身に付けることが大切です。

さて、次は空中動作と体幹ひねりに基づいた実戦的なターンのテクニックを解説します。
ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。